おすすめ睡眠方法

夜は副交感神経を優位に働かせるために、リラックスした時間を持ちましょう

良質な睡眠をとるためには、夜は副交感神経を優位に働かせることが大切です。
人には、神経を活発にする交感神経とリラックスさせる副交感神経という二つの自律神経が存在しています。日中は交感神経が優位に働き、夕方以降は副交感神経が優位に働くようにできているのです。

そのためには、昼間よく動き、夜は極力リラックスした時間を設けることが必要になります。
交感神経と副交感神経が入れ替わるのは、夕方5時頃と言われています。仕事で遅くなるのであれば仕方ありませんが、仕事が終わった後はできるだけリラックスした時間を確保するように努めた方が賢明です。

そのためには、飲酒やタバコといった刺激物は極力避けるようにして、風呂は早めに入り、目の刺激になるテレビやパソコン画面を見ないように心がけると良いでしょう。
またその他に、昼間に運動したり、寝室を落ち着いた環境に整えることも大切です。
このようなことを根気強く続けていれば、良質な睡眠をとりやすくなります。

そうすれば、身体の疲れが抜けて仕事に集中できるようになり、気力に満ちた生活を送れるようになるはずです。