おすすめ睡眠方法

睡眠前の行動が睡眠の質を決めます。

良質な睡眠のために行って欲しい睡眠前の行動が二つあります。

  • 一つ目が、睡眠前の2時間前からはテレビやスマホ、パソコンを見ないということです。

なぜならば、テレビやスマホの明かりにより眠気を誘発するホルモンであるメラトニンの分泌が抑制されてしまうからです。メラトニンの分泌を促すためにも睡眠2時間前程度から目に入る光を抑えた方が良いのです。

  • 二つ目が、寝る前に激しい運動をしないということです。

激しい運動を行うことにより体温が上昇してしまって、寝つきにくくなってしまうのです。しかしながら、軽いストレッチ程度であれば少し体温が上がり、寝付くころには体温が下がり寝付きが良くなります。睡眠30分〜1時間前程度に行うとちょうど良いでしょう。

以上の二点を行うことにより、寝付きが良くなり、途中で起きてしまうということもなくなります。質の高い睡眠が取れるようになるのです。